冬眠中のトカゲ

田舎で雨漏りのする納屋で古材の整理をしていると

さび付いたトタン板が重なって出てきた。

それをすべて、取り除けているとトカゲができてきた。

カナヘビをいう種類です。

外気温がマイナスという寒い日だった。

トカゲが冬眠するだろうとおぼろに理解していたものの

この目で確認したのは初めてです。
冬眠中のトカゲ_d0064297_7505280.jpg


急に寒気に触れて、あわてて、もぐるしぐさをするものの

体が動かない。




冬眠中のトカゲ_d0064297_7522923.jpg


そこでデジカメのシャッターを切った。

寒さに震えながら、寒気に触れるのも

見るに忍びない。

古い板をかぶせて、再び、お休みを言った。

二匹いたが、これは逃げ足がはやく、

木屑の中に隠れた。

平成21年1月14日
用瀬町生家

  # by chicotyant | 2010-01-15 07:56 | その他動物

荒れる河川・洪水を見た

この日、鳥取から広島にもどった。

中国縦貫道の三次から地方道経由して

自宅へもどった。

連日の雨で、どの川も荒れていた。

江の川(島根県を縦断して日本海へ)

三篠川(太田川の支流)

太田川(瀬戸内海から太平洋へ)

赤土色に濁って、蛇行する江の川。
荒れる河川・洪水を見た_d0064297_2232978.jpg


濁流渦巻く三篠川。


いつもの表情と違う。

荒れる河川・洪水を見た_d0064297_22342721.jpg




怖い。

太田川も同じだが、高瀬堰で調節されているせいか

それほど大きなうねりはなかった。

やはり太田川の支流・三篠川であろう。

激流に翻弄される鉄橋や橋げた。
荒れる河川・洪水を見た_d0064297_2235423.jpg


(7月21日三次から向原、白木経由広島へ)








  # by chicotyant | 2009-07-25 22:37 | 天候・気候

ヤモリ・卵

田舎暮らしは憧れです。
それを支えてくれるのが生家です。
生まれ育った家・父母に囲まれ
兄弟姉妹が一緒に育った。

来年からここで生活すると宣言した。
竹に囲まれて暗くなった座敷も明るくなった。
切った竹を焼き、掃除に姉も手伝ってくれた。
蔵にも入った、火災からお米や陶器など貴重品を守るのが土蔵の役目だった。

二階に小さな窓が一つある。
それもいつもは閉じているから今回の開閉は数年ぶりだろう。

その窓のうち側に妙な生きものがいた。
卵らしきものです。
「それはヤモリの卵だ」と専門家はいう。
窓の外には網がある。
その網の目から忍びこんだのであろう。
ヤモリは爬虫類だから、卵生かもしれない。
でもヤモリの卵は始めてみました。

トカゲやイモリも同じような卵を産むnおだろうか。
ヤモリ・卵_d0064297_15363318.jpg


(H21.6.19鳥取・生家)

  # by chicotyant | 2009-07-24 15:37 | その他動物

カラオケ騒動

コーヒー一杯で唄って踊る。
週に一回の楽しみ。

床が抜けないか心配はつきないガ、
ママもバカにあわせるから面白い。

ダンスに興じるものもいる。
今日7月10日も騒ぎます。

ただし、夜の10時以降と決めている。
カラオケを楽しむお客さまのジャマをしてはいけないからだ。

(6月26日、カラオケ喫茶)
カラオケ騒動_d0064297_1844499.jpg



カラオケ騒動_d0064297_0493055.jpg

  # by chicotyant | 2009-07-10 18:45 | 地域探訪

花が舞うマツダ球場

6月26日マツダ球場へ行った。
美女が2名サポートしてくれた。
ギブスをはめた足では歩行困難だからです。

突然球場が湧いた。
一斉に風船が飛んだ。
勝ったと思った。

「うれしがらせて、泣かせて消えた」
そんな唄の文句のような一日でした。
(626日対中日戦)
花が舞うマツダ球場_d0064297_10572435.jpg

  # by chicotyant | 2009-07-07 10:58 | 地域探訪

にほんトカゲ幼生?

金ピカのトカゲではない。
カナヘビでもない。
とすれば成熟しない、幼生のニホントカゲではないか。
(6月16日松笠観音寺)
にほんトカゲ幼生?_d0064297_1024359.jpg

  # by chicotyant | 2009-06-20 10:24 | その他動物

川鵜?

太田川の高瀬堰を車で走っていると
川で餌を狙う野鳥をみつけた。

川鵜だろうか。
川鵜?_d0064297_1091686.jpg

鵜にも川鵜と海鵜がいるという。
これは川にいるから川鵜ではないかと思う。

サギのように魚を狙っているように見える。
鵜はこんな風に餌を待たなくても
深い淵などに潜ってえさをとる習性があるから
不自然のように見える。
勿論野鳥だって潜るよりも楽な狩猟方法を選ぶ。

川に入るのは苦にならない鵜ほど餌さを捕るの
に苦労がない鳥はすくない。
水鳥にはカモ類やサギなど沢山いるが、
潜って魚を捕るのは鵜が代表だろう。

川に入って魚を待つ鵜がいるのだろうか
それとも水浴びの一つだろうか。

  # by chicotyant | 2009-05-23 00:56 | 野鳥

新広島"mazda"球場へ

月4日、無風快晴。
入場券を頂いた。
ヤクルト戦といえば、その昔、球場はガラガラで、
閑古鳥が鳴いていたものだと聞いたことがある。
おどろくなかれ全席売り切れたという。
新MAZDA球場ができたせいかもしれない、
だが強いカープを見たいファンのおかげだろう。
新広島\"mazda\"球場へ_d0064297_10264378.jpg
   
最終的には負けた。
でも今日の試合は勢いが感じられた。
ヤクルトが?
そじゃねえ、カープじゃよ。

新広島\"mazda\"球場へ_d0064297_10325478.jpg

カープには妙なジンクスがある。
鯉のぼりがあがる5月初旬までは上り調子で行く。
だが、空高く泳ぐ鯉のぼりが見られなくなるとカープも沈滞期に入る。

このヤクルト戦には勝てば、この奇妙なジンクスを破り
新MAZDA球場にふさわしい新カープの誕生につながるとみていたが、
この試合に敗退したので、低落の一歩を踏みだしたかもしれない。

だが、ことしのカープには勢いが感じられる。
新広島\"mazda\"球場へ_d0064297_1036269.jpg

最期まで食いついていくサメだ。あるいは「噛み付きカメ」かもしれない。
カープよりシャークのほうがぴったりくる。
それにしてもすばらしい球場だ。
入り口が一箇所だ。いままでように球場を反転して入場する不便はない。
それに内野席から外野席まで、ぐるりと回って観戦できる。
うどんからアイスクリームまで売店も増えた。
広島でムスビとうどんと言えば知らぬ者なき超有名店「むさし」
の旗を見たときは感動した。
旧球場ではこの「むさし弁当」でビールを頂くのを楽しみに観戦した。
試合が予定されている日は朝から弁当を準備したという。
それが雨天で中止になると、つくった弁当を売りさばくのに
たへんな苦労をされたと聞く。
カープ球団を支えた裏の主役だ。
この球場にはむさしのコーナーもある。
席にかけて腹ごしらえもできる。
その弁当とうどんをもって席にもどり食べた。
バイクだから、ビールがいただけないのが無念だ。
この球場の特徴の一つはテラス席であろう。
コーナーにテーブルを囲んで、、家族や仲間と
ビールを飲みながら観戦できる。
お一人4000円ー5000円というから4人で20000円はかかる。
仲間との懇親には最高だが、庶民には手が出ない。
外野の天井桟敷にはこの席の入場券がないと入れない。


新広島\"mazda\"球場へ_d0064297_10421558.jpg

勝手な推測だが、重量から来る定員があって、
それをはるかに越える客が
殺到すると、この天井桟敷は崩壊しないともかぎらない。
そのための入場制限だと納得して上がるのをあきらめた。

座席も広くなった。
その代わり、横に異動で出来る通路がなくなった。
50メートル先の仲間に会うためには一旦上の通路に戻り、再び下がるないといけない。


新広島\"mazda\"球場へ_d0064297_10503718.jpg

そのままカニのように横に歩くわけにはいかない。
砂なぶり席は6000円だという。
グランドを真横から見る感じだ。
一生に一度ここで観戦できればカープファンには極楽だろう。

(5月4日新MAZDA球場・ヤクルト戦)

  # by chicotyant | 2009-05-05 11:05 | 地域探訪

「柴犬のチコ」「猫の小梅さん」

不況になって、食べるのがやっと

という生活を強いられると

ペットどころでなくなる。

ブログや漫画でペットの人気はスゴイから

不景気と言っても、まだまだかもしれない。

アメリカの大統領オバマ氏が約束だからといって

ムスメさんのために犬を飼ったという。

それが早速川柳になったそうだ(4月27日読売新聞)

「オバマ家の愛犬ポーはキャンと鳴く」

大統領の演説で使われた「 I can do・・・・・」と「キャン」を引っ掛けたものです。

それほどペット」愛好家がいるということは

アメリカも今は大丈夫だ。

わが国もその意味では負けてはいない。

愛犬ブログで人気トップは

「柴犬 チコ  http://ameblo.jp/shiba-chico/」

です。

わがブログには愛猫、なくなったチコちゃんの名前を付しているから、時折、

検索するとこのワンちゃんのブログがトップに顔をだす。

これは面白い。笑わせるし、共感も得る。ほほえましい。

柴犬を自分の赤ん坊だと思っている奥様の文章表現とワン公の写真がぴったりだ。

ほほえましい犬と人間との生活がつづられる。

毎時更新もうれしい。

猫のブログ人気トップはこれです。

「はっちゃん日記 http://hatchan-nikki.com/」

これも面白い。白黒の猫ちゃんの日常をカメラに収めて

コメントをつける。

はっちゃんのシグサがかわいい。

カメラを意識しているわけではない?がコメントがおかしくおもしろい。

このハチャちゃんは白と黒のマダラ模様だ。我が家のチコちゃんも

ホルスタインと同じだったから、はっちゃんと同じです、

ペットの漫画もある。

私の愛読は「ねこぱんち」(月刊)。

この中の「キジトラ猫の小梅さん」がスキです。

絵がかわいい。

わらったり、怒ったり表情がゆたかで物語の進行にも魅かれる。

作者は「ほしのなつみ」さんですが、絵が」うまい。

「猫・小梅さん」の幼いときと成人した姿を描ける」からスゴイ。

別冊「キジトラ猫の小梅さん」も面白い。

一巻と二巻が発売されている。

70歳近いジイサンが漫画をひろげて、にやつく姿は気味悪いだろうが、

面白いから、携行している。

ペットの写真集などもあるようですが、私のスキなブログや漫画を紹介しました。

書名:別冊「キジトラ猫の小梅さん」
発売:少年画報社
価格:600円+税

書名:月刊「ねこぱんち」
発売:少年画報社
価格:450円+税

  # by chicotyant | 2009-04-28 08:51 | ペット

広島の空に浮かぶUFO

市内の一般道を経由して、三倉岳のある大竹にむかった。
大手町から商工センターに向って右折して正面に
UFOが空に浮かんでいた。
バイクをとめて撮った。
ところがこのUFOがこちらに向かってゆっくり飛んでくる。

よく見ると気球が旋廻しているようだ。
大型の気球です。
デモンストレイションでその上空を旋廻しているようだ。
ここには観音マリーナホップという大型レジャー・ショッピングがある。
それにしてもスゴイ大型の気球。
(4月19日広島市)
広島の空に浮かぶUFO_d0064297_7522570.jpg

  # by chicotyant | 2009-04-27 07:54 | 地域探訪

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE